リアロップ株式会社

リアロップ株式会社

実世界に学び、実世界を写す技術を創造する

事業内容

画像処理関連(当社Optical Learning®技術など)の知的財産権のライセンス、ソフトウェアの開発及び販売、技術コンサルティング業務を通じて、パートナー企業様に画像処理関連の差異化技術を提供し、パートナー企業様の商品力を上げることによる収益アップをサポート致します。

注力しているまたは得意としている内容は以下です。

  • 収差補正・・・機械学習を用いた光学学習型無収差復元技術 Optical Learning®(オプティカル ラーニング®、登録商標第5896153号、特許第6164564号、ZL2016800389144(中国)、US10,291,844(米国)、2,011,938(韓国))
  • デモザイク・・・ジッパーノイズなどのアーティファクトがまったく出ない機械学習を用いて人の網膜の働きを再現したデモザイク(RAW現像) AIRD™(Artificial Intelligence Retina Development)(特許第6435560号、旧 Phase Shift Development)
  • 幾何学変換(台形補正)・・・機械学習を用いた台形補正などの幾何学変換Keep Resolution Mapping™
  • 電子ズーム・・・機械学習を用いた任意倍率電子ズームSuper Resolution Stepless Zoom™
  • シャープネス・・・機械学習を用いた縁取りを付けないシャープネス Visual Sharpness™
  • 電子被写界深度制御・・・人の目のように遠くも近くも写し出す、機械学習を用いた視覚人工知能 Visual AI®(登録商標第6365294号、特許第6694626号)
  • 画質評価

当社では、AI(機械学習)を用いた超解像や視覚特性を再現するアルゴリズム開発を行なっております。

AI画像

コンサルティング

  • 画像処理関連の技術コンサルティング業務
  • 講演

 ・科学技術と経済の会 第63回 キーパーソン研究会
 ・サイバネットシステム㈱様 CODE V特別セミナー2018

  • 執筆

 ・月刊OPTRONICS 2018年6月号の特集『ウェアラブルとVR/ARの光学系』に『オプティカルラーニングによる無収差復元技術』
 ・雑誌Interface 2020年7月号(5/25発売)の特集『AI時代 画像処理教科書
 ・雑誌Interface 2020年8月号(6/25発売)の『カメラやディスプレイの画質評価
 ・雑誌Interface 2020年11月号(9/25発売)の『スマホ/ミラーレス/GoProカメラの実力比較

ソフトウェア

  • 画像処理関連のソフトウェアの開発及び販売
  • GPGPUを使ったソフトウェアの開発及び販売
  • 辞書(学習データ)の生成サービス

ライセンス

  • 画像処理関連のアルゴリズム及び知的財産権のライセンス